2008年09月02日

抗がん剤について


≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に最も効果的な食事法

がん治療というのは、決して簡単なことではありません。

ガン治療によって、

抗がん剤を飲むと、個人差はありますが、ほとんどの場合、副作用があらわれます。

その症状は様々で、症状によってあらわれる時期も変わってきます。


投与した日

 アレルギー反応,吐き気,おう吐,血管痛,発熱,血圧低下

投与して2〜7日後

 だるさ,食欲不振,吐き気,おう吐,下痢

投与して1週間〜2週間後

 口内炎,下痢,食欲不振,胃もたれ,貧血,白血球減少,血小板減少

投与して2週間〜4週間後

 脱毛,皮膚の角化,しみ,手足のしびれ,膀胱炎



検査や治療の中には大変な痛みを伴うものもあります。



せっかくこのような痛みや苦痛に耐えても、効果があがらないまま、
お金だけがかかっていくというケースは山ほどあります。



≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に最も効果的な食事法


ラベル:食事療法 癌治療
posted by sumikawa at 16:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。